インプラント治療とは、インプラントの歴史、インプラントの種類、などインプラントの基礎知識はごぞんじですか?

さねしげ歯科医院
レーザー治療



さねしげ歯科医院

大阪府堺市美原区
多治井232-246

初診予約受付

トップページ > インプラントの基礎知識 


インプラントとは


『インプラント』と言う言葉をご存じでごぞんじでしょうか?
『人工歯根』と言われる場合もあります。

人は永久歯を失うと残念ながら、二度と生え変わってきません。そのため今までは「入れ歯」などを用いる歯科その部分を補う方法はありませんでした。 しかし、「入れ歯」だと固いものが上手く噛めない!発音がおかしい、また長く使っている間に合わなくなって、ガタついてきたりする場合があります。このように歯を失ってお悩みの方に新しい治療法「インプラント治療」をご紹介してます。


近代インプラントの治療


ブローネマルク博士近代になって、ステンレスやコバルトクロム、金、サファイヤなどを利用したインプラントが試みられたが、これらの予後は悲惨なものであったと言われてます。チタンとは異なり、骨結合が発生しないことが最大の原因と考えられています。医療技術も全ての要素において現在よりはるかに遅れていたので、失敗した後の治療も困難だったのでしょう。

1952年にスウェーデンの医師ブローネマルクによるオッセオインテグレーション(骨結合)の発見からインプラントが実用的な治療技術として確立していきます。素材としてチタンが導入されるようになり、インプラントは極めて良好な成果をもたらすようになりました。生体に不活性であるチタンは、これまでの素材と異なり骨と直接結合する性質を持っています。 1980年代になると日本でも歯科インプラントに対する取り組みが始まったが、当初は人工サファイアを使ったインプラントが行われるなどトラブルも多かったようである。
世界的な流れとしては、1988年のトロント会議で、世界中の著名なインプラントジスト(インプラントをする医師)が集まってコンセンサスレポートを打ち出している。
「5年85%、10年80%以上の生存」を成功の基準として認め、世界的にチタン製のインプラントが開発・利用されるようになり、安全かつ予知性の高いインプラントの時代が到来した。
※コンセンサスというのは、EBM(Evidence:根拠 Based:基づいた Medicine:医療)に基づいた報告であり、一部の歯科医の経験のみの報告は除外されたものである。

現在、インプラントの形状や表面の改良による性能の向上、骨質・骨量の不足を補う骨造成・骨移植の進歩、歯科技工物の品質向上などによって、さらにインプラントの質は向上し、15年生存率90%以上ともいわれるまでになっている


インプラントの種類


SPIインプラントシステム現在、全世界で100以上のインプラントメーカーが存在すると言われています。オリジナルのインプラントを製造しているメーカーは数少なく、安全性や確実性という点では若干の不安が残ってしまいます。

もともとインプラントにかかる費用は高額なため、最近ではひたすらインプラントにかかる費用の安さを強調する歯科医院もありますが、そういった歯科医院ではまず間違いなくこれらコピー品を使用しているので、オリジナルのインプラントを使用する場合と比較して、より一層細心の注意が必要となります。

さねしげ歯科医院はたくさんのインプラントシステムがある中でも、国産(安価)のインプラントを使わず、世界のシェアのトップのインプラントシステムを使用させて頂いております。世界の歯科大学やクリニックでのインプラントの成績・評価・安全性が高く、またインプラント実績と信頼性のあるSPIインプラントシステムを採用しております。


インプラントと義歯の比較


一口に義歯(入れ歯)と言っても、様々なタイプがあります。隣の歯に、支えにするバネや留め金を掛けるもの(部分入れ歯)、複数の歯の上から、冠のように被せるもの(ブリッチ)、歯だけでなく、歯ぐきに見える部分まで作られていて、それを自分の歯ぐきの上にかぶせて使うもの(総入れ歯)などあります。

抜けた歯の本数や、状態などから適したタイプが選択されますが、全て歯ぐきの上に存在ししていることが共通点です。

ブリッジ
(固定架橋義歯)

部分入れ歯
(部分床義歯)

しかし、隣の歯に支えのパーツを付けたとしても、歯ぐきの上に乗せているだけの状態なのですから、どうしても噛む力に限界があります。また、食べ物が挟まりやすくなったり、バネが見え、見た目(審美性)があまり良くありません。

ではインプラントの場合はどうでしょう・・・

インプラントはチタン製の「ネジ」を顎の骨の中に結合させますので、入れ歯のようにズレたり、食べるときも外れたりするなどの心配がありません。
また審美的にも自然な仕上がりになります。まるで自分の歯と同じ感覚が得られ、しっかりと噛めて食事もおいしく食べることができより健康になります。

インプラント


Copyrgiht(C)2016 SANESHIGE DENTAL CLINIC.All Rights Reserved.
Produce by ㈱ピッコルーナ